TDP執筆作業・・・

あけましておめでとうございます.

2013年最初の投稿となります.

今,僕達は世界大会の出場に向けて,TDPの執筆作業をしています.

TDPというのは,Thermal Design Power ではなく, Team Description Paper の略で,簡単に説明すると,自分たちのチームの変更点や改善点などを論文のように纏めるようなものです.(言葉の意味のとおりです)

これの内容が評価されて,世界大会へ出場できるかどうかが決まります.

なので,TDPを執筆するのは本当に苦労します.

TDPを書くという事には大きく次の3つの要素あります(僕の個人的な判断ですが).

  1. ちゃんと内容があるのかどうか
    前年度と比較して,自分たちのチームの内容に変化がなければ,書く内容がなくて困ります。・゚・(ノ∀`)・゚・。新しいアイデアとかとっても大事です.
    それから,書く内容もある程度の量がないと困ります.
    例年,A4用紙に7枚とか8枚ぶんくらいにまとめているようです.
  2. 論文っぽい書き方できるのか
    学術論文ほど厳密ではないと思いますが,内容は論文のように,論理的にきちんと書かなくては行けません.まだ大学入ってきたばっかりで(?),こういう文章を書く経験がないので非常に難しいです(T_T)先輩にアドバイスもらったりして頑張ってます.
  3. そもそも英語で提出
    これが最大の問題です.使う用語が専門的であったり,説明が複雑であったりして,英訳するのが難しいです.ネイティブの部員が切実に欲しいです.

そんなTDPも2月の中旬が提出期限です.

その前に,期末テストもあるので,超忙しいですが,テストもTDP執筆も頑張りたいと思います\(^o^)/

oguri